ZEH

ZEHについて

2020年には過半数が実現目標
ZEHが当たり前の世界はすぐそこ!

今、日本の家づくりが変わろうとしています。その指針となるのがZEH(ZERO ENERGY HOUSE)です。
当社の新築住宅は、このZEHを標準としている高性能住宅だから、最小限のコストで、いつまでも安心・快適に暮らせます。

ZEHとは?

ZEHとは、家で使うエネルギーより、創るエネルギーの方が多くなる(または収支ゼロになる)住宅のことです。
これを実現する為には、

・断熱・気密性を高めてエネルギーロスを抑えること
・省エネ性の高い家電を使うこと
・太陽光発電などで多くのエネルギーを創り出すこと

が重要となります。

ZEHは世界のスタンダード

世界中で地球温暖化が問題となる中、環境保全の為にスタートしてのがZEHへの取り組みです。
EU加盟国では既に住宅の「燃費性能」の提示が義務化され、2020年には「全新築住宅のZEH化」を目指しています。
日本も2020年には標準的な新築住宅の平均で、2030年には新築住宅全体の平均でZEH化を目指しており、世界スタンダードになる日は目前です。

これからのエネルギー政策

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に低炭素住宅化を推進しています。
2020年には、300㎡以下の新築にも「2013年改正省エネ基準」を原則義務化し、結果的に新築戸建の50%がZEH対応の住宅となります。
住宅のゼロエネルギー化は、もはや他人事ではない時代なのです。